ツンとした酸っぱい臭いがしたらバッテリーをチェック

機械の不調を知らせるアラームの一つに、匂いがあります。
ふだんは感じていない匂いを嗅いだら、不具合があるのではないかと疑ってみることが大切です。
とりわけ車からの異臭には注意が必要です。
エンジンルームの中から、ツンとした酸っぱい刺激臭を感じたら、これはどこかに異常があると考えたほうが安全です。
考えられる原因は何か、その知識は持っておいて、すぐに修理しなければならないかどうかの判断が下せることが重要です。
酸っぱい匂いを感じた時は、まず原因として考えられるのは、バッテリーの不具合です。


バッテリーが過充電されていますと、中の電解液が漏れてきて、それが酢のような匂いとなって漂ってくるのです。
この電解液の成分は硫酸ですので、腐食性が著しく強く、漏れてしまうとボディの金属が錆びてしまいます。
また、人間の肌につくと、皮膚炎を引き起こしたりするのです。
ですから、もし電解液が漏出している場合は、自分で直そうとせず、至急、修理工場に持ち込むことです。
バッテリー過充電の原因は、オルタネーターの不具合によるものがほとんどです。
オルタネーターという、いわば発電機なのです。
エンジン回転を利用して、電気を発電する作用を行っています。

コメントは受け付けていません。