地域や軽自動車かどうかによってやり方が異なります

自動車を購入して所有されている場合では、初回の手続きとしていくつかの内容をクリアすることが必要とされています。例えば自賠責保険に加入することが義務付けられていたり、車庫証明なども大切な内容とされています。そんな中、近年では非常に売上げが好調な車種には軽自動車が用意されています。このタイプの自動車は現行として排気量規制として660cc未満に設定されているものになり、普通乗用車よりも小さなことが大きな特徴とされています。


車庫証明に関しては居住している地域によって異なっており、申請することが必要としていない地域や、普通自動車のように義務化されている地域も存在しているために、事前に調査を行っておくことが必要とされています。比較的大きな都市の場合では車庫証明が必要な場合が多く、その際の注意点としては、自宅からの距離として、直線距離で2キロメートル以内に保管場所を用意することが基本とされています。戸建て住宅の場合では敷地内を利用することができ、賃貸アパートなどの場合では、駐車場が完備されていることが前提とされています。規定の範囲内であれば、月極め駐車場でも申請することが可能とされているために、この点に関しては購入前に予め決めておくことが良い方法です。

コメントは受け付けていません。