車庫証明を自分で取る方法

車を所有するときには、必ず、車庫証明が必要となります。
自動車の保管場所を確保してあることの証明なのです。
ほとんどの場合、車を買ったディーラーに任せているケースが多いのではないでしょうか。
証明代行費用として、1万円から2万円近くかかっているケースもあります。
もし、自分で証明をとったとしたら、3千円程度で済むのです。
手続きは決して難しくはありません。
証明の手続きは、保管場所を管轄する警察署に届けます。
保管場所は、自宅から2キロ以内の場所に確保する必要があります。
必要な書類としては、自動車保管場所証明申請書、所在図・配置図、保管場所使用承諾書、自認書(保管場所使用権限疎明書)などがあります。


都道府県によっては、ネットからダウンロードできるケースもあります。
書類作成が完成すれば、警察署に、手数料を添えて提出いたします。
後日、警察が保管場所を確認して、問題なければ、引換証で指定された日以降に、警察で証明を受けることが可能になります。
ディーラーから車を購入したという場合は、これで手続きは完了します。
都道府県によって、若干の違いはあるかもしれませんが、おおよその流れはこのフローで行けます。
自分でも簡単に証明をとることができるのです。

コメントは受け付けていません。