車から異臭がしたら

 

車から異臭が発生してしまう現象があります。いくつかの場所に分かれていることがありますが、例えばエンジンルーム付近から発生してしまう臭いに関しては、有名なものとしてはオイル漏れが発生してしまっている可能性を持っています。


このケースではオイルがエンジンの熱によって焼けるような臭いが発生することになります。オイル漏れを起こす可能性のある場所は複数にわたっており、中にはパッキンの交換だけで済ませることが出来る場合もあり、早期に修理に出すことが必要です。また、バッテリーの過充電によっても異臭が発生してしまう場合があり、オルタネーターの不具合によるものが原因とされています。冷却水などが漏れてしまっている場合でも独特の臭いが出てしまうケースもあり、この対処方法ではチューブ類などを交換するケースが多く見られます。エンジン周りに設定されているベルト類が緩んでいることによっても、異臭が発生するケースもあります。この場合では正常な状態に張り直すことや、場合によってはベルト交換が必要なケースも見られます。排気系に関しても、マフラー周辺から臭いが発生する場合もあります。マフラー周りは腐食しやすい場所でもあるために、定期的に点検を行うことがおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。