行政書士に取得してもらう利点と注意点 

本人以外は自動車やオートバイの名義変更は行政書士の独占業務となっています。販売店の中には資格を有していないのに、委任状を本人から貰って、手数料を取って名義変更をしているとこが多くありますが、違法行為です(車庫証明は資格が必要なく、販売店でも可能です)。
平気で違法行為をやるような業者は、他でも違法行為をやる恐れがあります。自動車やオートバイの整備は、素人では判断できなとこが多くあります。一見、本当に整備をしたかどうかも分からないとこもあります。名義変更を当社でやりますよと、違法行為をするような業者とは信頼関係は気づけず、付き合いをやめることが賢明です。もちろん、販売店の中にも資格を有したとこがありますので、名義変更を依頼する時は、資格の有無を確認する必要があります。資格がないことがわかっていて、名義変更を依頼すると違法行為に加担したことになり、依頼者にも責任が発生します。


有資格者に名義変更を依頼した場合のメリットは、住民票や印鑑証明などの書類も本人に代わって入手ができるので、本人がわざわざ役所などに行く必要がありません。
本来、オートバイや軽自動車以外は、名義変更をする場合は自動車を陸運局に持ち込んで、職員に運輸支局等が表示され、登録を受けた真正なナンバープレートであることを意味する封印をしてもらう必要がありますが、有資格者でも出張封印が許された人は、自動車を陸運局に持ち込まなくて自宅等に置いたまま封印ができ、名義変更が完了します。
陸運局はお役所ですから、住所の記載方法が独特なものがあり、専門家に依頼したほうが失敗もなく煩わしさもありません。

コメントは受け付けていません。