ゴムが焼ける臭いがしたらタイヤをチェック

車を運転していて、いつもなら感じない匂いがしたら、もしかしたらトラブルの前兆かもしれません。
重大な事態を迎える前に、未然に対応するのが賢明です。
えてして、車の走行に重大な影響をもたらすものは、焼けるような、あるいは、焦げるような異臭なのです。
たとえば、摩擦のときの金属的な匂い、ゴムの部品が焦げる匂いなどを感じ取ったら、注意しなければなりません。
一つは、タイヤに原因があるとも考えられます。
まずは、空気圧をチェックすることです。


パンクしているか、あるいは、エアバルブの劣化の可能性があります。
また、炭のような焦げた匂いは、ブレーキの過熱やクラッチディスクの磨耗によって、クラッチが滑っていることが考えられます。
オイルが焼けるような匂いは、オイル漏れが疑われます。
もしくは、エンジンのシリンダー内にオイルが侵入している事態もあるかもしれません。
それ以外にも、酢のような匂いがあるときは、バッテリーがオーバーチャージされていることも考えられます。
室内を完全に閉めているのに異臭がする場合もあります。
もし排気ガスの匂いがするときは、マフラーの亀裂などから排気が車の室内に入り込んでいる恐れがありますので、すぐにエンジンを止めて確認することです。

コメントは受け付けていません。